周辺観光

周辺のみどころ

西行戻しの松公園
ホテルから車で約10分

西行法師が牧童との禅問答に敗れ松島行きをあきらめたと伝えられている場所。展望台は抜群の眺望で松島湾が一望できます。
春には約260本もの桜が咲き、ピンクの桜と海と空のコントラストが素晴らしいフォトスポットです。

松島 四大観

松島湾に浮かぶ260あまりの島々を一望できる4カ所の名所の事で、四大観(しだいかん )と呼ばれています。
それぞれの場所から眺めた印象から「壮観(そうかん)」「麗観(れいかん)」「偉観(いかん)」「幽観(ゆうかん)」の名称がつけられています。

五大堂(国重要文化財)

807年坂上田村麻呂が毘沙門堂を建立。828年慈覚大師円仁が延福寺(現在の瑞巌寺)を開基の際、五大明王像を安置したことから、五大堂と呼ばれるようになりました。

瑞巌寺(国宝)

828年慈覚大師円仁によって開創された奥州随一の古刹で、伊達家の菩提寺。現在の建物は、1609年伊達政宗公が5年の歳月をかけて完成させたものです。

松島島巡り観光船

松島の島々を巡る遊覧船。コースにより違った景色が楽しめます。 ※当館フロントにて、お得な前売り券を好評販売中です!
●詳しくはこちら

ザ・ミュージアムMATSUSHIMA

「オルゴールコレクション」「北原トイコレクション」「瀬川モードコレクション」の3つのコレクションを楽しめます! ※当館フロントにて、お得な前売り券を好評販売中です!
●詳しくはこちら

藤田喬平ガラス美術館

文化勲章を受賞したガラス工芸家、藤田喬平の美術館。ガラスの美しさと、松島の自然の美しさを堪能できます。 ※当館フロントにて、お得な前売り券を好評販売中です!
●詳しくはこちら

観瀾亭

もとは豊臣秀吉の伏見桃山城にあった茶室を伊達政宗がもらい受けて江戸の藩邸に移築し、さらにその後二代藩主忠宗が海路を使ってこの地に移したと伝えられています。
さざ波を観るという意味の 「観瀾」と言う言葉のとおり、お茶を頂きながらのんびりとした時間を過ごすことが出来ます。
※拝観料、お茶は別料金